メニューを開く 検索を開く ログイン

SNSが小児に不健康な食行動もたらす?

人気ユーチューバーが影響

 2019年03月22日 06:30
プッシュ通知を受取る

13名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images Deagreez ※画像はイメージです

 動画投稿サイトYouTubeや写真投稿アプリInstagramなどのソーシャルメディアネットワーキングサービス(SNS)で大きな影響力を持つ"インフルエンサー"を介した不健康な食品のプロモーションは、小児の食行動に一定の影響を与えることが英国の小児を対象としたランダム化比較試験(RCT)で示された。チョコレート菓子などの不健康な食品を手にした人気ユーチューバーの画像を閲覧した小児では、総カロリー摂取量や不健康な菓子類の摂取量が増えたという。英・University of LiverpoolのAnna E. Coates氏らがPediatrics(2019年3月4日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  健康・公衆衛生 »  SNSが小児に不健康な食行動もたらす?