メニューを開く 検索を開く ログイン

80歳以上の降圧、140/90未満で死亡リスク上昇

ドイツ・高齢高血圧患者コホート研究

 2019年03月22日 06:05
プッシュ通知を受取る

30名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 最近まで、高齢者では血圧を140/90mmHg未満に管理することが有益と考えられてきたが、この目標値は一般化できないとの研究結果が示された。ドイツ・Charité's Institute of Clinical Pharmacology and ToxicologyのAntonios Douros氏らは、70歳以上の降圧薬服用患者を前向きに検討した結果、80歳以上または心血管イベント既往例では、血圧140/90mmHg未満への降圧が死亡リスク上昇に関連していたとEur Heart J2019年2月25日オンライン版)で発表した(関連記事「日本も降圧目標を引き下げか」「高齢者のための高血圧診療GLを公表」「60歳以上の降圧、『SBP 150mmHg未満』を推奨」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  80歳以上の降圧、140/90未満で死亡リスク上昇