メニューを開く 検索を開く ログイン

コンピュータ支援診断、深層学習の課題は?

 2019年03月25日 06:15
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 コンピュータ支援診断(CAD)はX線やCTなどの医療画像をコンピュータで解析しセカンドオピニオンとして医師に提示するシステムのことで、近年の人工知能(AI)ブームもあり急速に開発が進んでいる。山口大学大学院創成科学研究科教授の木戸尚治氏は第38回日本画像医学会(3月8~9日)で、AIの歴史に沿ってCADを簡単に解説した。同氏は、ディープラーニングによるCADは画像を用意するだけでよく、これによりパラダイムシフトが起きたと指摘する一方、課題となる点も提示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  放射線 »  コンピュータ支援診断、深層学習の課題は?