メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  放射線 »  コンピュータ支援診断、深層学習の課題は?

コンピュータ支援診断、深層学習の課題は?

 2019年03月25日 06:15
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 コンピュータ支援診断(CAD)はX線やCTなどの医療画像をコンピュータで解析しセカンドオピニオンとして医師に提示するシステムのことで、近年の人工知能(AI)ブームもあり急速に開発が進んでいる。山口大学大学院創成科学研究科教授の木戸尚治氏は第38回日本画像医学会(3月8~9日)で、AIの歴史に沿ってCADを簡単に解説した。同氏は、ディープラーニングによるCADは画像を用意するだけでよく、これによりパラダイムシフトが起きたと指摘する一方、課題となる点も提示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

今回の大型台風に対する先生の施設の対応は?(台風進路外の先生は"想定"でお答えください)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  放射線 »  コンピュータ支援診断、深層学習の課題は?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10519504 有効期限:10月末まで