メニューを開く 検索を開く ログイン

産後うつで児の言語発達の遅れが3年間持続

 2019年03月25日 06:10
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 出産後に抑うつ気分や不安、意欲低下などの症状が現れる産後うつは、産後女性の10~20%が経験するとされている。浜松医科大学子どものこころの発達研究センター研究員の青柳早苗氏らは、同センターが実施する「浜松母と子の出生コホート研究」のデータを解析。その結果、母親の産後うつが出生児の言語の発達をおよそ3年間にわたって遅滞させる可能性があることを明らかにし、PeerJ2019; 7: e6566)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  女性疾患・周産期 »  産後うつで児の言語発達の遅れが3年間持続