メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  胃瘻造設患者の便はアルカリ性を示す

胃瘻造設患者の便はアルカリ性を示す

 2019年03月26日 15:25
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

 胃瘻から経腸栄養を行っている患者の下痢や便秘は、現場を悩ませる厄介な問題だ。しかし、こうした対象で腸内細菌叢やプレバイオティクス療法の効果を検証した報告はあまりなされていない。プレバイオティクスの短鎖脂肪酸への影響に注目する慈啓会病院(札幌市)副院長の垣内英樹氏は、入院中の胃瘻造設患者を対象に検討を行った。食物繊維を添加した経腸栄養剤の使用は、排便状況を改善しただけでなく、便pHの低下と短鎖脂肪酸の増加という示唆的な結果をもたらした。第34回日本静脈経腸栄養学会(2月14、15日)における日本臨床腸内微生物学会との合同シンポジウムから紹介する。(関連記事:「ICU患者の腸内細菌叢は劇的に変化」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

湿布薬や花粉症薬の保険外しを検討

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  胃瘻造設患者の便はアルカリ性を示す

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08519507 有効期限:8月末まで