メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

脳卒中生存者の60%に新規視覚障害

英・3施設共同前向き疫学調査

 2019年03月26日 06:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 脳卒中後視覚障害(Post stroke visual impairment;PSVI)はしばしば過少報告されており、その疫学的特徴も明らかでない。英・University of LiverpoolのFiona J. Rowe氏らは、英国の急性脳卒中ユニットに入院した脳卒中生存者を対象に視覚障害に関する前向き調査を実施。その結果、視覚障害の新規発症率は60%と極めて高かったと、PLoS One(2019; 14: e0213035)に報告した。また、脳卒中発症後3~7日以内の視覚スクリーニングおよび評価はおおむね実施可能で、PSVIへの早期介入やケアの改善につながるとしている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »   »  脳卒中生存者の60%に新規視覚障害

error in template: found but mtif was expected