メニューを開く 検索を開く ログイン

超急性期の栄養管理、早期から必要

 2019年03月27日 05:05
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 近年、栄養管理は医療を下支えする最も基本的な患者ケアとして認知されるようになった。栄養状態が悪いと、いかなる治療も水泡に帰す可能性があるからだ。日本医科大学病院高度救命救急センター摂食・嚥下障害看護認定看護師の杉山理恵氏は、第34回日本静脈経腸栄養学会(2月14~15日)で、同氏が作成に携わった同センターにおける経腸栄養管理プロトコル導入後の状況について報告、経口摂取への課題を考察した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  学会レポート »  超急性期の栄養管理、早期から必要