メニューを開く 検索を開く ログイン

早期承認制度の有用性、証明していく

日本再生医療学会

 2019年03月27日 17:00
プッシュ通知を受取る

17名の先生が役に立ったと考えています。

 日本再生医療学会は3月20日、神戸市で記者会見を開催。同学会理事長で大阪大学大学院心臓血管外科教授の澤芳樹氏らが出席し、2018年度の活動報告を行うとともに、2019年度の同学会の声明を発表した。患者主体の再生医療という法の精神の下、産官学民が一体となって再生医療の実現と世界への発信に努める決意を表明した。同氏は日本の条件・期限付きの再生医療承認制度に対するNatureからの批判にも言及し、「Natureの批判は拙速に思うが、今後努力を積み重ねて、本制度の有用性を証明していくことが大事だと認識している」と強調した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  その他診療領域 »  早期承認制度の有用性、証明していく

error in template: found but mtif was expected