メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  妊産婦への抗てんかん薬処方の実態が判明

妊産婦への抗てんかん薬処方の実態が判明

2019年03月28日 10:55

12名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 東北大学東北メディカル・メガバンク機構予防医学・疫学部門准教授の小原拓氏らの共同研究グループは、大規模レセプトデータベースを用いて、日本における妊娠前、妊娠中、出産後の抗てんかん薬の処方状況を評価。その結果、妊産婦に対する処方は、必ずしも『てんかん診療ガイドライン2018』の推奨に沿って行われていないことが明らかになったと、Pharmacoepidemiol Drug Saf2019年3月10日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

内臓脂肪減少薬アライがダイレクトOTCとして発売、懸念点は?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  妊産婦への抗てんかん薬処方の実態が判明