メニューを開く 検索を開く ログイン
storoke2019

脳梗塞に対する血管内治療の現状と課題は?

兵庫医大・吉村氏がSTROKE2019で報告

 2019年03月28日 05:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 日本における急性期脳梗塞に対する血管内治療の現状と課題について、兵庫医科大学脳神経外科主任教授の吉村紳一氏が第44回日本脳卒中学会(STROKE2019、3月21~23日、横浜市)で報告。急速に普及しつつある血管内治療について、さらなる適応拡大が望まれている点を指摘。発症6時間以降をはじめ、広範囲脳梗塞、末梢血管閉塞、軽症例への適応拡大に向けた臨床研究が進んでいることなどを解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

社会で不織布マスクを推奨の動き

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  脳梗塞に対する血管内治療の現状と課題は?