メニューを開く 検索を開く ログイン
ACC2019

心停止後の冠動脈造影、即時と遅延で差なし

非STEMI患者500例対象のCOACT試験

 2019年03月28日 05:03
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 オランダ・Amsterdam University Medical CenterのJorrit S. Lemkes氏らは、ST上昇型心筋梗塞(STEMI)でない院外心停止患者を対象に、冠動脈造影と必要に応じた経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を蘇生後に即時に行うケースと神経学的回復後に行うケースをオープンラベル多施設ランダム化比較試験Coronary Angiography after Cardiac Arrest(COACT)で比較検討。その結果、90日生存率に関して両者に有意差はなかったと第68回米国心臓病学会(ACC 2019、3月16〜18日、ニューオーリンズ)で発表した。結果はN Engl J Med(2019年3月18日オンライン版)に同時掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  心停止後の冠動脈造影、即時と遅延で差なし

error in template: found but mtif was expected