メニューを開く 検索を開く ログイン

大腸は"暗黒大陸"、腸内細菌マップが必要

 2019年03月29日 16:09
プッシュ通知を受取る

29名の先生が役に立ったと考えています。

 「便のことなら辨野先生」。50年近く腸内細菌研究を続けている理化学研究所特別招聘研究員の辨野義己氏は、研究の歴史を振り返り、未来への希望を語った。培養の時代からシークエンサーの時代となり、腸内細菌研究は飛躍的に進展した。しかし、腸内細菌の遺伝子配列は分かっても、名前も正体も不明の菌が多いなど、腸内細菌叢はまだ全貌の見えない"暗黒大陸"だという。「その解明には10万人級の腸内細菌データベース構築が急務で、早期にこれを実現したい」と抱負を述べた。第34回日本静脈経腸栄養学会(2月14、15日)での日本臨床腸内微生物学会との合同シンポジウムから紹介する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  大腸は"暗黒大陸"、腸内細菌マップが必要

error in template: found but mtif was expected