メニューを開く 検索を開く ログイン

熱中症合併DICをER搬入時情報から推測

 2019年03月29日 05:10
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 近年の猛暑によって熱中症が大きな社会問題となっている。病院に搬送される熱中症患者の多くは救急外来(ER)での初期対応によって回復するが、集中治療室(ICU)での管理を要し、経過中に播種性血管内凝固症候群(DIC)を合併する例もある。DIC合併例はICU管理が長期化し、死亡率が高いとされている。熊本赤十字病院(熊本市)第一救急科の岡野雄一氏は、Ⅲ度熱中症患者のER搬入時に得られる情報を基にDIC合併との関連因子を後ろ向きに検討した結果、精神科疾患の既往、SOFAスコア、長時間の高温曝露(38℃までの冷却達成時間)が抽出されたことを第46回日本集中治療医学会(3月1〜3日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  その他診療領域 »  熱中症合併DICをER搬入時情報から推測

error in template: found but mtif was expected