メニューを開く 検索 ログイン

プロバイオティクスのエビデンスの現在

2019年04月01日 06:00

12名の医師が参考になったと回答 

 健康への好ましい影響が報告されているプロバイオティクスは多いが、疾患に対する治療効果や予防効果が確認され、医療用医薬品として使われているものは少ない。その1つに酪酸菌(宮入菌)製剤のミヤBMがあるが、ミヤリサン製薬株式会社東京研究所所長の高橋志達氏は、治療薬としてのプロバイオティクスのエビデンスを整理した。そして、今後プロバイオティクスに関しては、特定の疾患をターゲットとした、疾患特異的な創薬が盛んになるだろうと展望した。第34回日本静脈経腸栄養学会(2月14~15日)での日本臨床腸内微生物学会との合同シンポジウムから紹介する。(関連記事:「ICU患者の腸内細菌叢は劇的に変化」「胃瘻造設患者の便はアルカリ性」「大腸は"暗黒大陸"、細菌マップが必要」)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  プロバイオティクスのエビデンスの現在

医師限定初回登録キャンペーン!
初めて会員登録いただいた医師会員には
500円分のポイント進呈!

※既に会員の方、過去に利用された方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD0516519508 有効期限:5月末まで