メニューを開く 検索 ログイン
storoke2019

脳卒中診療でもAI・ビッグデータ活用を

わが国の取り組み事例を紹介

2019年04月01日 06:05

3名の医師が参考になったと回答 

 医療情報のビッグデータ解析がわが国でも始まっている。国立循環器病研究センター予防医学・疫学情報部部長の西村邦宏氏は第44回日本脳卒中学会(STROKE2019、3月21~23日)で、脳卒中データベースを用いたビッグデータ解析により、予後改善に必要な病院当たりの医師数が示されるなど、包括的脳卒中センターへの医師集約化に向けた具体的な情報が得られたことを示した。併せて、循環器疾患レジストリ構築に必要な情報を人工知能(AI)により自動抽出・入力するシステムについて紹介した。(関連記事:「公的ビッグデータを疫学研究で活用するには」)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  脳卒中診療でもAI・ビッグデータ活用を

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD519645 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外