メニューを開く 検索を開く ログイン

nab-PTX+RAMは進行胃がんで有用?

安全性と有効性はPTX+RAMと同様

 2019年04月02日 06:15
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 パクリタキセル(PTX)は難水溶性の薬剤であるため、溶媒としてポリオキシエチレンヒマシ油とエタノールを用いる必要がある。そのため、アルコール不耐性例には使用できず、溶媒に対する過敏症の懸念からステロイド薬や抗ヒスタミン薬の前投薬が必須となる。nab-PTXはヒト血清アルブミンにPTXを結合させてナノ粒子化した薬剤であり、溶媒を用いていないため前投薬が不要で安全性に優れ、投与時間も短縮している。大阪府立病院機構大阪国際がんセンター消化器外科診療主任の新野直樹氏は、第91回日本胃癌学会(2月27日~3月1日)において、切除不能または再発胃がんに対するnab-PTX+ラムシルマブ(RAM)療法の検討結果を報告。アルコール不耐性および耐性のいずれにおいても安全性と有効性はPTX+RAM療法と同等で、腹膜転移例ではnab-PTX+RAM療法が有用である可能性があることを明らかにした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  nab-PTX+RAMは進行胃がんで有用?