メニューを開く 検索を開く ログイン
storoke2019

シロスタゾール含む抗血小板薬併用療法

CSPS.com試験で脳梗塞再発予防効果を検討

 2019年04月02日 06:00
プッシュ通知を受取る

33名の先生が役に立ったと考えています。

 再発リスクが高い脳梗塞患者に対して、アスピリン(ASA)またはクロピドグレルに加えてシロスタゾールを長期併用すると、ASAまたはクロピドグレルの単剤治療に比べ、同程度の安全性で脳梗塞再発リスクを有意に低下させることが分かった。シロスタゾールの脳梗塞再発予防効果を検討したわが国の多施設共同ランダム化比較試験(RCT)として、CSPS、CSPS 2に続いて3番目に行われたCSPS.com(Cilostazol Stroke Prevention Study for Antiplatelet Combination)試験の結果について、国立循環器病研究センター病院副院長/脳血管部門長の豊田一則氏が第44回日本脳卒中学会(STROKE2019、3月21~23日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

社会で不織布マスクを推奨の動き

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  シロスタゾール含む抗血小板薬併用療法