メニューを開く 検索 ログイン
storoke2019

シロスタゾール含む抗血小板薬併用療法

CSPS.com試験で脳梗塞再発予防効果を検討

2019年04月02日 06:00

33名の医師が参考になったと回答 

 再発リスクが高い脳梗塞患者に対して、アスピリン(ASA)またはクロピドグレルに加えてシロスタゾールを長期併用すると、ASAまたはクロピドグレルの単剤治療に比べ、同程度の安全性で脳梗塞再発リスクを有意に低下させることが分かった。シロスタゾールの脳梗塞再発予防効果を検討したわが国の多施設共同ランダム化比較試験(RCT)として、CSPS、CSPS 2に続いて3番目に行われたCSPS.com(Cilostazol Stroke Prevention Study for Antiplatelet Combination)試験の結果について、国立循環器病研究センター病院副院長/脳血管部門長の豊田一則氏が第44回日本脳卒中学会(STROKE2019、3月21~23日)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  シロスタゾール含む抗血小板薬併用療法

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで