メニューを開く 検索を開く ログイン

結核のない世界、2045年までに実現可能

 2019年04月02日 10:30
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 結核のない世界は2045年までに実現可能であり、結核死の減少による経済的な利益は極めて大きい。世界結核デー(3月24日)に合わせて、13カ国37人の委員で構成されたThe Lancet Commission on tuberculosisは、結核に関する経済的分析や治療上の課題に対する介入モデルの研究結果などをまとめたレポートをLancet2019年3月20日オンライン版)で発表した。同レポートのモデル研究の詳細はLancet Glob Health2019年3月20日オンライン版)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  結核のない世界、2045年までに実現可能