メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  3Dマンモで乳房生検率が大幅低下

3Dマンモで乳房生検率が大幅低下

英・3万例超の前向き研究

 2019年04月02日 15:10
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 マンモグラフィ検査においてもデジタル化が進んでいる。そうした中、3Dマンモグラフィであるデジタル乳房トモシンセシス(DBT)は、2Dマンモグラフィのフルフィールド・デジタルマンモグラフィ(FFDM)と比べ、非がん性病変に対する生検率を大幅に低下させる可能性があることが、英国の3万例超を対象とした単施設前向き研究によって示された。また、DBTの施行ががんの検出率を低下させることはなかった。英・Leeds Teaching Hospital NHS Trust, Seacroft HospitalのNisha Sharma氏らがRadiology2019年3月19日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「即位の礼」恩赦が約55万人。先生はどう思う?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  3Dマンモで乳房生検率が大幅低下

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10519681 有効期限:10月末まで