メニューを開く 検索を開く ログイン

ナルコレプシー、自己免疫疾患説に新証拠

デンマーク・患者で自己反応性CD8+T細胞を検出

 2019年04月02日 17:00
プッシュ通知を受取る

54名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images fizkes ※画像はイメージです

 ナルコプレシー1型(Narcolepsy Type 1;NT1)は、ヒポクレチン/オレキシンシグナル伝達障害を特徴とする慢性睡眠障害で、自己免疫疾患であるという仮説が有力である。デンマーク・Technical University of DenmarkのNatasja W. Pedersen氏らは、NT1患者20例の血液検体を解析した結果、ヒポクレチン産生神経細胞に特異的なCD8+T細胞を検出したとNat Commun(2019; 10: 837)で発表した。これらの自己反応性CD8+T細胞の存在は、健康対照群の一部でも確認されており、神経細胞を破壊したことを証明するものではないが、自己免疫疾患説を裏付ける新たな証拠を提示している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  ナルコレプシー、自己免疫疾患説に新証拠

error in template: found but mtif was expected