メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

人工関節SSI、抗菌薬選択のポイントは

 2019年04月04日 06:00
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 高齢化の進展に伴い人工関節置換術の施行数は増加しているが、その成否に大きく影響するのが、手術部位感染(SSI)の予防と治療である。ガイドライン(GL)は国内外で複数作成されているものの、それぞれ基にしているエビデンスや推奨が異なり、臨床現場で混乱を招いているとの指摘もある。感染症に関する整形外科領域の各種GL作成に長年携わってきた川崎市立多摩病院病院教授の松下和彦氏は第49回日本人工関節学会(2月15〜16日)で、抗菌薬の予防投与に関する各種GLのエビデンスと推奨について概説。さらに、骨感染症における抗菌薬選択のポイントについても言及した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  運動器 »  人工関節SSI、抗菌薬選択のポイントは