メニューを開く 検索を開く ログイン

医療AI、日本の生き残る道

 2019年04月04日 06:10
プッシュ通知を受取る

16名の先生が役に立ったと考えています。

 人工知能(AI)は医療を劇的に変えると予想され、急速に開発が進んでいる。東京慈恵会医科大学放射線医学講座准教授の中田典生氏は第38回日本画像医学会(3月8~9日)で、「画像診断AI-日本に勝算はあるのか?」と題して講演し、わが国が医療分野でAI研究を前進させるための具体的な方法について自論を展開した。同氏は「日本は勝てない現実」と向き合うところから始めるべきと強調、AI研究の進歩でネックとなるAIエンジニア不足やAIに学習させるためのデータ(教師学習用データ)作成に現役を退いた高齢者を活用することなどを提案した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  その他診療領域 »  医療AI、日本の生き残る道

error in template: found but mtif was expected