メニューを開く 検索 ログイン

ピーナツアレルギー予防に含有食の早期導入

米国小児科学会ガイダンス改訂

2019年04月04日 15:21

10名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国小児科学会(AAP)は2008年、妊娠・授乳中の母親の食事および乳幼児の食事がアトピー性疾患の予防で果たす役割についてガイダンスを発表している。今回、このガイダンスを改訂し、乳幼児の食事に早期からピーナツ含有食を取り入れることでピーナツアレルギーを効果的に予防できることを示すエビデンスが増加していることなどを報告した。詳細はPediatrics(2019年3月18日オンライン版)に発表された。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

10日の参院選、投票に行きますか?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  アレルギー »  ピーナツアレルギー予防に含有食の早期導入