メニューを開く 検索 ログイン

橋本病の症状改善に甲状腺全摘出術が有効

150例対象のRCT

2019年04月05日 06:05

19名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 橋本病では甲状腺機能が低下することにより、重度の疲労感などの症状が現れる。治療としては甲状腺ホルモン補充療法があるが、一部で奏効せずに持続的な症状に悩まされるケースもある。ノルウェー・Telemark HospitalのIvar Guldvog氏らは、治療により甲状腺機能が正常となったにもかかわらず症状が改善しない橋本病患者では、甲状腺全摘出術が症状改善に有効であることをランダム化比較試験(RCT)で明らかにし、Ann Intern Med2019年3月12日オンライン版)に報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  糖尿病・内分泌 »  橋本病の症状改善に甲状腺全摘出術が有効

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD519564 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外