メニューを開く 検索 ログイン

日本人女性は公共の場でCPRを受けにくい

All-Japan Utstein Registry

 2019年04月08日 17:40
プッシュ通知を受取る

16名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 京都府立医科大学救急医療学教室の松山匡氏らは、総務省消防庁の全国ウツタイン登録データベースを用いて日本における心肺蘇生(CPR)被実施率の性差を解析。その結果、公共の場で院外心停止(OHCA)となった65歳未満の女性は、男性に比べてその場に居合わせた目撃者(バイスタンダー)によるCPRを受けにくいことが示されたとMayo Clin Proc2019; 94: 577-587)に発表した。(関連記事「院外心停止の蘇生実施率が女性で低いワケ」)

…続きを読むにはこちら

ワンクリックアンケート

先生は100歳まで生きる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  日本人女性は公共の場でCPRを受けにくい