メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

持続する口渇はせん妄リスクを高める

 2019年04月09日 16:30
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 口渇は、主に血清浸透圧の上昇や細胞外液量の低下によって誘発される。集中治療室(ICU)入室患者は口渇を訴えることが多いが、その苦痛はいまだ過小評価されており、対応方法も一定していないとの報告が散見される。ICU入室患者における痛みや不眠などの苦痛の感情は、せん妄の発症に影響を及ぼすといわれているが、口渇に伴う苦痛との関連はこれまで指摘されていない。金沢大学病院集中治療部の佐藤康次氏らは、24時間以上口渇が持続するICU入室患者ではせん妄の発症リスクが高いことを第46回日本集中治療医学会(3月1〜3日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  その他診療領域 »  持続する口渇はせん妄リスクを高める

error in template: found but mtif was expected