メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

storoke2019

急性大動脈解離、初の「診療の質指標」を開発

 2019年04月09日 05:05
プッシュ通知を受取る

19名の先生が役に立ったと考えています。

 院内死亡率が25~30%と非常に高いことで知られる急性大動脈解離(acute aortic dissection; AAD)の日本における治療状況を明らかにするため、武蔵野赤十字病院(東京都)循環器内科の山口徹雄氏らが大規模データベースを解析し、そのデータを基に診療の質指標(Quality Indicator; QI)を作成、詳細を第83回日本循環器学会(3月29〜31日)で報告した。同氏は「本邦においてAADのガイドラインに沿った治療が十分に行われているかどうかの基礎データが乏しかった。今回作成したQIの達成率はアウトカムと有意な関連が確認され、今後の診療の質均てん化や診療ギャップの改善に有用と考えられる」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  急性大動脈解離、初の「診療の質指標」を開発

error in template: found but mtif was expected