メニューを開く 検索を開く ログイン

青少年の加糖飲料の消費低減政策に声明

AAP/AHAが発表

 2019年04月10日 05:10
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images OcusFocus ※画像はイメージです

 米連邦保健福祉省(HHS)疾病予防健康増進局(ODPHP)の『米国人のための食生活ガイドライン2015-2020』では、糖類の摂取量は1日当たりの摂取カロリーの10%未満を推奨している。しかし、米国の青少年の摂取量は17%以上で、その約半分は加糖飲料から摂取していると報告されており、心疾患などの健康問題が懸念されている。米国小児科学会(AAP)と米国心臓協会(AHA)は、共同政策声明「小児および青年の加糖飲料消費低減のための公共政策」をPediatrics(2019; 143: e20190282)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  健康・公衆衛生 »  青少年の加糖飲料の消費低減政策に声明