メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  急性心筋梗塞の死亡率、高齢女性などでは低下

日本循環器学会学術集会

急性心筋梗塞の死亡率、高齢女性などでは低下

東京CCUネットワーク登録データの解析結果

 2019年04月11日 05:05
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 急性心筋梗塞(AMI)の死亡率は、緊急経皮的冠動脈インターベンション(PCI)の普及や薬物療法の進歩、循環補助装置の改善などにより過去40年間で劇的に改善したが、最近10年間に限ると、死亡率の改善が停滞しているといわれている。日本医科大学循環器内科の宮地秀樹氏らは、東京都CCU連絡協議会(通称:東京CCUネットワーク)に登録された院内死亡率データを解析した結果、「全体としての死亡率は既に低率ではあるが、高齢女性や重症患者の死亡率は有意な低下が続いており、これらはPCI施行率の増加と関連が見られる」と第83回日本循環器学会(3月29〜31日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医療とはサイエンスである。 だがしかし...

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  急性心筋梗塞の死亡率、高齢女性などでは低下

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08519720 有効期限:8月末まで