メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

移植後生活の困難を医師は過小評価

小児期SCT後長期生存患者におけるQOL研究

 2019年04月17日 15:54
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 同種造血幹細胞移植(SCT)の治療成績が向上し、移植後の長期生存が望めるようになった。それは同時に移植関連合併症リスクを抱えながら生きることを意味し、若年で移植を受けた患者ほどその後の道のりは長い。淀川キリスト教病院(大阪府)緩和医療内科医長の早川晶氏は小児期にSCTを受けた後長期生存する患者を対象としたQOLに関する調査について、第41回日本造血細胞移植学会(3月7〜9日)で詳細を報告。移植後患者が抱える生活上の困難は、医師が考えている以上に大きいことを示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  移植後生活の困難を医師は過小評価

error in template: found but mtif was expected