メニューを開く 検索を開く ログイン
ISN WCN 2019

Hb低値持続透析例は死亡リスクが高い傾向

 2019年04月17日 10:10
プッシュ通知を受取る

 シンガポール・National Kidney FoundationのRajeswari Moothathamby氏らは、血液透析患者におけるヘモグロビン(Hb)値の変動パターンと予後の関係を検討する後ろ向き観察研究を実施。Hb値が恒常的に低値の例では死亡リスクが高い傾向が見られたことを、国際腎臓学会・世界腎臓学会議(ISN WCN 2019、4月12~15日、メルボルン)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ感染者が最多更新中の東京都、緊急事態宣言すべき?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  学会レポート »  Hb低値持続透析例は死亡リスクが高い傾向

error in template: found but mtif was expected