メニューを開く 検索を開く ログイン

SCT例の妊孕性温存の実態が明らかに

 2019年04月19日 17:07
プッシュ通知を受取る

 がん治療は性線機能に障害をもたらすことが多く、中でも同種造血幹細胞移植(SCT)の前処置はそのリスクが高い。妊孕性の温存は特に15歳以上40歳未満の思春期・若年成人(AYA)世代の患者において重要な課題であるが、SCT施行例における温存療法の実態はいまだ明らかでない。岡山大学病院輸血部講師の藤井伸治氏は、全国アンケート調査データの検討から判明したSCT患者における妊孕性温存の現状を、第41回日本造血細胞移植学会(3月7〜9日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  SCT例の妊孕性温存の実態が明らかに