メニューを開く 検索を開く ログイン

オリンピック帯同ドクターの仕事とは?

 2019年04月19日 06:10
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 オリンピックのような大規模のスポーツ大会に医師の立場から関わる場合、主催者側に立つか、または帯同ドクターとして選手団の一員となるかの2つに分類される。国立スポーツ科学センタースポーツメディカルセンター副主任研究員の土肥美智子氏は、第18回日本旅行医学会大会(4月6~7日)の会長講演において、長年帯同ドクターとしてスポーツ選手のサポートに携わってきた経験から、その役割を紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連タグ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

iPhone版でも不具合。COCOAアプリは使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  女性疾患・周産期 »  オリンピック帯同ドクターの仕事とは?