メニューを開く 検索を開く ログイン

くも膜下出血では"男性"が転帰不良因子

ビッグデータを用いた検討

 2019年04月22日 17:21
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 脳卒中の中でくも膜下出血は唯一女性に多く、50歳代まで発症頻度に男女差はないが、60歳代以降は女性が男性の2〜3倍と差が開く。それにはエストロゲンが関与すると言われている。しかし、転帰に性差があるとの報告はこれまでにはなかった。島根県立中央病院脳神経外科部長の井川房夫氏は、くも膜下出血の転帰における性差について検討し、高齢者や開頭クリッピング術(SC)を受けた患者では、男性が転帰不良因子であることを明らかにした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

家庭で楽しみな風呂は?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  くも膜下出血では"男性"が転帰不良因子

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12519952 有効期限:12月末まで