メニューを開く 検索 ログイン

痛みの"破局化"改善の鍵は医療への信頼

2019年04月25日 13:55

8名の医師が参考になったと回答 

 患者が痛みの経験を反芻、拡大視することで無力感を覚えるなど、過度に否定的に捉える傾向は「痛みの破局化」と呼ばれる。この傾向は慢性疼痛の強さやそれに伴う機能障害、抑うつの重症度と関連しており、治療の上で軽減を図ることが重要である。九州大学病院心療内科の田中佑氏らは、同科の慢性疼痛患者を対象にした検討から、心療内科の初期治療において医師と患者の信頼関係を醸成すると、痛みの破局化が著明に改善する可能性があることを、第48回日本慢性疼痛学会(2月15~16日)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  精神疾患 »  痛みの"破局化"改善の鍵は医療への信頼

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD520004 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外