メニューを開く 検索 ログイン

アルパカ由来のCAR-Tが固形がんに有望

 2019年04月26日 06:10
プッシュ通知を受取る

35名の先生が役に立ったと考えています。

 患者から採取したT細胞をキメラ抗原受容体(CAR)を発現するよう遺伝子改変してから患者に戻すCAR-T細胞療法は、血液がんの治療で極めて有望とみられている。しかし、固形がんでは適切な標的が見つからず、有望な方法はなかった。米・Boston Children's HospitalのHidde Plo...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  アルパカ由来のCAR-Tが固形がんに有望