メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ISN WCN 2019

メトホルミンが多発性囊胞腎の進行を遅延?

 2019年05月07日 11:35
プッシュ通知を受取る

77名の先生が役に立ったと考えています。

 常染色体優性多発性囊胞腎(ADPKD)は、両側の腎臓に囊胞ができ、それらが加齢とともに増えて大きくなる遺伝性の疾患である。囊胞が増えて大きくなると腎機能が低下し、腎臓以外の臓器にも障害を来すようになる。一方、メトホルミンはビグアナイド系薬剤に分類される経口糖尿病治療薬の1種であり、2型糖尿病の薬物治療において基本薬剤として用いられている。インド・Jawaharlal Nehru Medical CollegeのAmit Pasari氏らは、メトホルミンがADPKDの進行を遅らせることを示唆する臨床試験結果を、国際腎臓学会・世界腎臓学会議(ISN WCN 2019、4月12~15日、メルボルン)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  腎・泌尿器 »  メトホルミンが多発性囊胞腎の進行を遅延?

error in template: found but mtif was expected