メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  腎・泌尿器 »  腎障害患者に尿酸降下薬"条件つき推奨"

腎障害患者に尿酸降下薬"条件つき推奨"

 2019年05月07日 06:00
プッシュ通知を受取る

18名の先生が役に立ったと考えています。

 日本痛風・核酸代謝学会は昨年(2018年)末、9年ぶりの改訂となる『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン(GL)第3版(2019年改訂)』を刊行した(関連記事:「腎保護目的での尿酸降下薬投与を初めて推奨」)。帝京平成大学教授で同大学国際交流センター長の内田俊也氏は、同GLのクリニカルクエスチョン(CQ)2「腎障害を有する高尿酸血症の患者に対して、尿酸降下薬は非投薬に比して推奨できるか?」について第52回同学会(2月14〜15日)で解説。第3版では「条件つきで推奨する」とされている。(関連記事:「高血圧に尿酸降下薬は"推奨できない"」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

参院選の結果、どんな印象?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  腎・泌尿器 »  腎障害患者に尿酸降下薬"条件つき推奨"

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07520045 有効期限:7月末まで