メニューを開く 検索を開く ログイン

睡眠時無呼吸を改善する口腔内装置を開発

広島大学病院矯正歯科

 2019年05月07日 06:10
プッシュ通知を受取る

21名の先生が役に立ったと考えています。

198455_web.jpg

広島大学病院矯正歯科

 広島大学病院矯正歯科の松村優氏らが、軽症~中等症の閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)の治療に用いる口腔内装置(写真)を開発し、仰臥位でのマルチスライスCT(MSCT)による三次元解析の結果をSleep Disord2019; 2019: 8509820)に発表した。装置の装着により下顎が前方に移動することで気道が拡大し、無呼吸の発生回数がほぼ半減することが確認されたという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  呼吸器 »  睡眠時無呼吸を改善する口腔内装置を開発