メニューを開く 検索 ログイン

CAR-T療法、日本人部分集団でも高い奏効割合

再発・難治性DLBCLを対象としたJULIET試験

2019年05月08日 06:05

5名の医師が参考になったと回答 

 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)は非ホジキンリンパ腫の3割強を占める病型で、再発や難治性患者の予後は不良であることが知られている。現在、DLBCLを含む再発・難治性B細胞腫瘍に対して有効性が期待される治療法の1つが、抗CD19キメラ抗原受容体発現T細胞(CAR-T)療法である。再発・難治性の成人DLBCL患者を対象にCAR-T療法(チサゲンレクルユーセル)の有効性と安全性を検討した国際多施設共同第Ⅱ相試験JULIET試験では、奏効割合、奏効持続期間ともに良好な結果が得られた。同試験における日本人部分集団の成績について国立がん研究センター中央病院血液腫瘍科の蒔田真一氏が、第41回日本造血細胞移植学会(3月7〜9日)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  CAR-T療法、日本人部分集団でも高い奏効割合

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD519866 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外