メニューを開く 検索を開く ログイン

迅速、効率的な妊産婦搬送システム登場

岡山大が開発したアプリを利用

 2019年05月09日 14:40
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 岡山大学などは5月7日、妊産婦の迅速搬送と受け入れ施設における情報共有の円滑化を目的に開発した緊急搬送補助システム(iPicss)の実証事業を開始した。iPicssを構成するアプリを開発した同大学産科・婦人科学教室の牧尉太氏らによると、同システムにより従来の緊急搬送における手間の多さや情報の過不足などといった問題の解消が期待できるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  女性疾患・周産期 »  迅速、効率的な妊産婦搬送システム登場