メニューを開く 検索 ログイン

迅速、効率的な妊産婦搬送システム登場

岡山大が開発したアプリを利用

2019年05月09日 14:40

2名の医師が参考になったと回答 

 岡山大学などは5月7日、妊産婦の迅速搬送と受け入れ施設における情報共有の円滑化を目的に開発した緊急搬送補助システム(iPicss)の実証事業を開始した。iPicssを構成するアプリを開発した同大学産科・婦人科学教室の牧尉太氏らによると、同システムにより従来の緊急搬送における手間の多さや情報の過不足などといった問題の解消が期待できるという。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  女性疾患・周産期 »  迅速、効率的な妊産婦搬送システム登場

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD520050 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外