メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

CAR-T療法は「夢の治療法ではない」

 2019年05月14日 12:10
プッシュ通知を受取る

39名の先生が役に立ったと考えています。

23360_top_face.jpg

 国内初のキメラ抗原受容体発現T細胞(CAR-T)療法チサゲンレクルユーセル(商品名キムリア)が今年(2019年)3月に承認を取得し、近く薬価収載が見込まれている。4月18日に東京都で開かれたメディアセミナーで講演した北海道大学大学院血液内科学教授の豊嶋崇徳氏は、「チサゲンレクルユーセルは他に打つ手のない患者に治癒をもたらす治療法である」と期待を示した一方で、「誰でも受けられる治療法ではなく、重篤な副作用が出現するため、それなりの覚悟が必要だ。また、投与患者の1年生存率は50%であり、決して夢の治療法ではない」と過度な期待に警鐘を鳴らした。販売元のノバルティス ファーマによると、品質確保や副作用管理を慎重に行う必要性から、発売当初は同製剤の提供を2~3施設に限定する方針だという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナで医療崩壊の危機」感じていますか?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  CAR-T療法は「夢の治療法ではない」