メニューを開く 検索を開く ログイン
ISN WCN 2019

エキスパートが見たISN WCN 2019

金沢大学教授・和田隆志氏に聞く

 2019年05月14日 17:46
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 和田隆志氏。メルボルンにて

 4月12〜15日、オーストラリア・メルボルンで国際腎臓学会・世界腎臓学会議(ISN WCN 2019)が行われた。メキシコシティー以来2年ぶりの開催となった同会は連日活況を呈したが、ひときわ賑わいを見せたのが大規模臨床試験CREDENCEの結果が発表されたLate Breaking Clinical Trials Sessionだった。Medical Tribuneは、CREDENCEのNational Lead Investigatorを務めた和田隆志氏(金沢大学大学院腎臓内科学教授)にISN WCN 2019を概観してもらうとともに、同試験結果の感想を聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  腎・泌尿器 »  エキスパートが見たISN WCN 2019