メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  その他診療領域 »  宇宙滞在で遺伝子発現はどう変化する?

宇宙滞在で遺伝子発現はどう変化する?

NASA・古今未曾有の双生児研究

 2019年05月15日 06:00
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 一卵性双生児のMark Kelly氏(左)とScott Kelly氏(NASA/Robert Markowitz)

 米航空宇宙局(NASA)が長期宇宙滞在による健康への影響を多角的に解析した、前例のない双生児研究の結果を、米・Weill Cornell MedicineのFrancine E. Garrett-Bakelman氏らが、Science2019; 364: eaau8650)で発表した。国際宇宙ステーション(ISS)に1年間滞在した元宇宙飛行士Scott Kelly氏の生体指標の変化を、一卵性双生児の兄弟であるMark Kelly氏を地上の対照被験者として比較した結果が報告された(関連記事「宇宙で眼球が変形? その理由は」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

スマホ決済アプリ(PayPayなど)使った?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  その他診療領域 »  宇宙滞在で遺伝子発現はどう変化する?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09520152 有効期限:9月末まで