メニューを開く 検索を開く ログイン

変形性関節症の新たな治療戦略

iPS細胞移植やSIK3阻害に期待

 2019年05月20日 06:05
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 加齢に伴い増加し、女性で多い変形性関節症(OA)。大半は加齢による関節軟骨(硝子軟骨)の変性が原因だが、外傷などによる欠損でも生じる。両原因に対する治療戦略について、京都大学iPS細胞研究所細胞誘導制御学分野教授の妻木範行氏は、第92回日本整形外科学会(5月9〜12日)で報告。ヒト人工多能性幹(iPS)細胞由来の軟骨組織移植の可能性に加え、治療薬開発の起点となるリード化合物の同定について解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  運動器 »  変形性関節症の新たな治療戦略