メニューを開く 検索 ログイン

変形性関節症の新たな治療戦略

iPS細胞移植やSIK3阻害に期待

2019年05月20日 06:05

7名の医師が参考になったと回答 

 加齢に伴い増加し、女性で多い変形性関節症(OA)。大半は加齢による関節軟骨(硝子軟骨)の変性が原因だが、外傷などによる欠損でも生じる。両原因に対する治療戦略について、京都大学iPS細胞研究所細胞誘導制御学分野教授の妻木範行氏は、第92回日本整形外科学会(5月9〜12日)で報告。ヒト人工多能性幹(iPS)細胞由来の軟骨組織移植の可能性に加え、治療薬開発の起点となるリード化合物の同定について解説した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  運動器 »  変形性関節症の新たな治療戦略

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD520177 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外