メニューを開く 検索を開く ログイン

若年性特発性関節炎の新治療GL発表

米国リウマチ学会と関節炎財団

 2019年05月20日 06:10
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images yacobchuk ※画像はイメージです

 米国リウマチ学会(ACR)は関節炎財団と共同で、若年性特発性関節炎(JIA)に関する2つのガイドライン(GL)を発表した。第1のGLは非全身性多発性関節炎、仙腸骨炎および腱付着部炎の治療に関するもの(Arthritis Care Res 2019年4月25日オンライン版)、第2のGLはぶどう膜炎の併発があるJIAのスクリーニング、モニタリングおよび治療に焦点を当てたもの(同誌2019年4月25日オンライン版)である。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  リウマチ・膠原病 »  若年性特発性関節炎の新治療GL発表

error in template: found but mtif was expected