メニューを開く 検索 ログイン

どうなる? 多焦点眼内レンズの保険適用

2019年05月21日 06:15

14名の医師が参考になったと回答 

 白内障に対する多焦点眼内レンズは先進医療に指定され来年(2020年)3月で12年を経過し、同年4月に予想される診療報酬改定での位置付けが注目されている。筑波大学大学院眼科教授の大鹿哲郎氏は第123回日本眼科学会(4月18~21日)で、診療報酬改定で考えられる多焦点眼内レンズの選択肢を挙げ、その可能性を検討。同学会など関係者が最も望んでいるのは白内障手術部分を保険で賄いレンズ部分(老視部分)を患者負担とする「Patient-shared billing」の方法であると表明した。大半の先進国ではこの方式を導入しており、国際的整合性にも合うと指摘、厚生労働省などに要望を行っている。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »   »  どうなる? 多焦点眼内レンズの保険適用

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD520182 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外