メニューを開く 検索を開く ログイン

経口免疫療法でアレルギー反応リスクが上昇

RCTでピーナツアレルギー、ピーナツ除去やプラセボを比較

 2019年05月23日 05:05
プッシュ通知を受取る

27名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 経口免疫療法を受けたピーナツアレルギー患者では、ピーナツ除去やプラセボ投与などがの患者と比べてアナフィラキシーや嘔吐などのアレルギー反応のリスクが上昇することが、既報のランダム化比較試験(RCT)のシステマチックレビューとメタ解析で示された。カナダ・McMaster UniversityのDerek Chu氏らがLancet2019年4月25日オンライン版)で報告した。(関連記事「ピーナツアレルギー予防に含有食の早期導入」「ピーナツアレルギーに有効な経口免疫療法薬」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  アレルギー »  経口免疫療法でアレルギー反応リスクが上昇

error in template: found but mtif was expected